HOME > トピックス
廣瀬総合経営会計事務所−トピックス

金融機関から返済猶予の措置...
青色欠損金の繰戻還付制度が...
スタッフ紹介ページ更新
HP English Version Open!!
会社法 施行間近
相続 税務調査の実態
取り戻せ税金! 個人確定申...
税法ワンポイント(社員旅行...
個人確定申告 準備は進んで...
税法ワンポイント




相続 税務調査の実態
2005年7月12日更新
 相続税の申告を行う機会はそう多くない。まして税務調査ともなれば、機会は更に希有なものとなる。いつ何時訪れるやも知れない事態に対し、実態を知っておくのも必要な備えと言えるだろう。
@ 調査対象となりやすい人物
 生前の職業は大きなポイントとなる。なりやすいのは「医者」「弁護士」「会社オーナー」など、お金の稼ぎの途が推定しやすい者。上場企業のオーナー一族や政治家などは、査察部や資料調査課に資料が蓄積されている可能性もあり注意が必要だ。
A 調査対象となりやすい資産
 調査リスクのある資産は一億円からというのが相場。もっとも亡くなったのが個人事業者だった場合、一億円に足りない資産でも、準確定申告などの過程で事業自体の財産価値を厳しく査定される可能性は残る。
 調査を受ける確率はおよそ8割と言われる。調査統括官は、身内や元愛人の告発、あるいは恨みをもった第三者の”いやがらせ”についても確認を進めなければならないと言うから、人の恨みや疑いを買うような行為を慎むことも、一つの調査対策と言えるかもしれない。



Copyright (C) 2004 HIROSE ACCOUNTING OFFICE. All Rights Reserved.