HOME > トピックス
廣瀬総合経営会計事務所−トピックス

金融機関から返済猶予の措置...
青色欠損金の繰戻還付制度が...
スタッフ紹介ページ更新
HP English Version Open!!
会社法 施行間近
相続 税務調査の実態
取り戻せ税金! 個人確定申...
税法ワンポイント(社員旅行...
個人確定申告 準備は進んで...
税法ワンポイント




税法ワンポイント(社員旅行)
2005年1月10日更新
 規模こそ違えど慣行行事、社員旅行を続けてらっしゃる会社も多いことだろう。この社員旅行の会社負担額、給与として個人に所得税を負担させないためには一定の用件がある。
  @ 金額が多額でないこと
  A 旅行日程が4泊5日以内であること
  B 全従業員の半数以上が参加していること

 気になるのは@の「多額」の判定。社会通念上一般的な金額というだけで、法律にも通達にも一切記載がない。一説として「1人あたり20万円程度の旅行で、会社負担額が1人あたり10万円程度」とされるが決して絶対的な基準ではない。
 出してもよい上限、多くの社長様が近年中に頭を悩ませ始める問題であろう。今のうちからプランの御検討を。



Copyright (C) 2004 HIROSE ACCOUNTING OFFICE. All Rights Reserved.